健康増進法や景表法に基づきインターネットの広告を監視し指導する動きが、消費者庁や東京都を中心に盛んになっています。このサイトはそうした事例を紹介します。
▶監修者:林田学(弁護士出身の実業家、(株)薬事法ドットコムの社主)
お問い合わせは薬事法ドットコムへ  info@yakujihou.com
対応相談はM&M法律事務所へ info@mandmlaw.jp

健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請の合計件数(令和3年4月~)
生鮮食品 28件、加工食品203件、飲料等141件、健康食品797件
詳細はコチラ

インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する改善指導について(令和5年7月~9月)検索キーワード 監視期間 主な検索キーワード等 令和5年 7月から 9 月ま で ・「糖尿病」、「便秘」、「肥満症」、「冷え性」、「熱中症」等の疾病の治療又は ... もっと読む

インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する改善指導について(令和5年4月~6月)検索キーワード 監視期間 主な検索キーワード等 令和5年 4 月から 6 月ま で ・「高血圧」、「花粉症」、「アレルギー」等の疾病の治療又は予防を目的とする効 ... もっと読む

令和4年度インターネット広告表示監視事業実施報告監視結果 インターネット広告監視数 24,000件 景品表示法に基づく指導  205事業者(218件の広告)指導内容広告件数主な商品・サービス等優良誤認(※1) 216件健康食品、雑貨(※3)、化粧品等有利誤認(※2)  17件 ... もっと読む

↑このページのトップヘ